03-3518-2528 / contact

営業時間 11:00 - 20:00 (日祝10:00 - 18:00)  定休日・水曜日   〒101-0051 東京都千代田区神田神保町 町1-32 Hisaya Bldg 1F

Gibson L-1 SB 1932 EX+ ¥550,000- (¥594,000-)

  • all
  • top
  • back
  • side1
  • side2
  • head1
  • head2
  • finger board
  • neck
  • neck heel
  • saddle
  • other1
  • other2
  • other3
  • other4

    staff comments

    トップ アディロンダック・スプルース、サイド・バック マホガニー、指板・ブリッジ ハカランダ、ネック マホガニー、ヴィンテージオープンバック3連チューナーチェンジ、オリジナルべっ甲柄ピックガード、ノンスキャロップドXブレーシング、ロングサドル、

    1932年頃に生産された激レアなL-1が入荷しました!!トップはアディロンダック・スプルース、サイドバックはマホガニー、この時期のL-1はL-00と同じボディ形状に14フレットジョイント、そしてXブレーシングを採用している点が大きな特徴です!シルクスクリーンによる旧ロゴにピックガードもファイヤーストライプではなくべっ甲柄を採用しているのも特徴ですよ。生産から80年以上時間が経過しておりネックヒールに僅かな亀裂補修、その他、傷・ウェザーチェック、バック右下には塗装の剥離も見受けれますが調整がしっかりと行き届いていますので演奏性・サウンドも最高です!ペグとブッシュは交換されておりペグはヴィンテージの同時期のものに交換されていますので違和感はございません。ネックヒールへのストラップピンは打っていません。ピックアップの取り付け加工もございません。年式から考えと良い状態でルックスもオールド感たっぷりで眺めているだけで嬉しくなりますね。ナット幅は約44mmの三角シェイプで太いイメージがありますが握りやすいです。ブリッジはオリジナルの高さから少し落として調整されていましたがネックリセット、リフレット済みでアングルも理想的でサドルにも余裕を出しています。トラスロッドの動作にも余裕がございますのでご安心いただけます。弦高は12フレット6弦側で約2.5mm、1弦側で約1.3mmの高さでハイポジションまでストレスが無いです。サドル残もございますので将来、微調整もとれます。重量が軽くカリンカリンに乾いた粒立ちの良い音色でマホガニーの音色で箱鳴りしています!!スモールサイズですが音量もすごく軽いタッチで気持ちよく抜けてくれますね!!滅多に入らない稀少な1本!オリジナルハードケース付。

    この商品のお問い合わせはこちら

    CONTACT

    Tel・FAX 03-3518-2528