03-3518-2528 / contact

営業時間 11:00 - 20:00 (日祝10:00 - 18:00)   〒101-0051 東京都千代田区神田神保町 2-34 神保町ビル1F

Martin 000-18 NT 1957 VG+++ ¥325,000- (¥351,000-)

  • all
  • top
  • back
  • side1
  • side2
  • head1
  • head2
  • finger board
  • neck
  • neck heel
  • saddle
  • other1
  • other2
  • other3
  • other4

    staff comments

    トップ シトカ・スプルース、サイド・バック マホガニー、指板・ブリッジ ハカランダ、ネック マホガニー、オリジナルオープンバックペグ、オリジナルべっ甲柄ピックガード、べっ甲柄バインディング、ノンスキャロップドXブレーシング、ロングサドル、

    1957年製のマーティン000-18がリフィニッシュのためお買い得!トップは木目の詰まったシトカ・スプルース、サイドバックはマホガニー、弦長は約635mmのトリプルオーで扱いやすいモデルです。サイドの右下と左上にそれぞれヘアラインクラック補修箇所がございます。サイドバックはリフィニッシュ、トップは薄くオーバーコート、全体的に傷やウェザーチェックは多めにございますがヴィンテージの味わいを感じさせてくれるルックスです!!ペグはオリジナルオープンバック、ピックガードもべっ甲柄でオリジナルですが張り替えています。ハカランダブリッジは以前に弦高調整の際表面を落として調整しています。ネクヒールヘはストラップピンが打っており、またピックアップの取り付け加工もございましたのでエンドホールが広がっています。現在はコンバージョン用エンドピンで対応しています。ナット幅は約42mmのやや細めのグリップでネックアングルも適正です。フレットは交換、すり合わせ調整が入っておりまだまだご利用いただけます。ブリッジからのサドル残は十分に落とせるほど余裕はございませんが弦高は12フレット6弦で約2.2mm、1弦側で約1.4mmの高さでハイポジションまでストレスを感じない高さで押さえやすく調整されています。マホガニーの明るく粒立ちの良い音色で弾きこまれていますので反応が素早いです。指弾きでは温かみがあり素直に抜けてきますし、ストロークではジャキジャキと歯切れがよく気持ちよく吐き出してくれますね。調整が行き届いていますのでサウンド、演奏性重視の方にとっては嬉しい1本です。ソフトシェルケース付。

    この商品のお問い合わせはこちら

    CONTACT

    Tel・FAX 03-3518-2528